スキンケア化粧品も鮮度が大事だから

スキンケアにはなるべくお金をかけないようにしています。基本的にはそのとき必要なものを買って使い切り、また必要なときに必要なものを買うという感じです。

そうしないと基礎化粧品も鮮度が大事なので長く使えば長く使うほど化粧品の鮮度が落ちるということになります。

食べ物ほど鮮度を気にしていませんが基礎化粧品にも鮮度がありそれを大事に考えています。

保存料をはじめとする添加物がたくさん入っていますが、できるだけ添加物が少ない基礎化粧品を選ぼうといつも考えています。

食品も無添加のものが安心ですが基礎化粧品だってやっぱり添加物の量や種類は少ない方が良いです。添加物というのは肌のためを考えて入れてあるものではなく基礎化粧品の持ちを良くするために入れてあるものです。

だから基礎化粧品の中に入っている添加物はできるだけ少ない方が良いです。

安い基礎化粧品がダメとか高級な基礎化粧品が良いとかそういう基準は特に持ってないです。高級な基礎化粧品も蓋を開けたら添加物だらけということもありますし、安い基礎化粧品でも添加物が少ないものもあります。

それから肌を基礎化粧品から開放する時間を作っています。これをすると肌の調子が良いのです。